沢山の炭酸水や炭酸飲料が市販され、お手軽に手に入る昨今。
子供の飲み物は「牛乳でしょう!!」と頑固一筋に言っても
いられない時代になってきています。

子供たちはコーラやサイダー等、甘くて刺激のある
飲み物がとっても大好き。家ではあまり飲ませないように
気を付けていても、外ではそうはいかない場合もありますし、
禁止していることがかえって大きな反動に繋がってしまう
場合もあります。

炭酸水や炭酸飲料って実際のところ子供たちにとっては
どんな影響があるのかーーー子供たちに与える影響に
ついてまとめてみました。

スポンサードリンク

炭酸水が体に与える影響は?


炭酸水に含まれている二酸化炭素の泡は
私たちの体に適度な刺激を与えてくれる
美味しい飲み物。

特に日差しの強い夏場には、ほてった体を
クールダウンさせてくれたり、
飲み終わった後の爽快感を私たちに与えて
くれます。

そんな炭酸水が実際、体に与える影響は
次の通りです。

  • 炭酸ガスで胃が膨らみ、満腹感を与えてくれるので
    空腹を抑制できる。
  • 体内の器官が活性化され、基礎代謝があがる
  • 炭酸ガスが胃の細胞を刺激することで胃液の分泌を促進し、
    消化を助けてくれる。
  • 胃が活性化することによって腸のぜんどう運動も活発
    になり便秘が改善されたり、便秘予防になる。
  • 血液のめぐりが良くなるので、冷え性や肩こりが改善する。

このように、なんとなんと!炭酸水を飲むことは
こんなにも体に良い影響をもたらしてくれるのです。

 

子供の健康や成長に影響はないの?


大人にとっては色々と良い影響のある炭酸水ですが、
子供達にとっては一体どうなのでしょう?
炭酸の刺激は大丈夫なのでしょうか?

糖分の入った、いわゆる炭酸飲料と呼ばれて
いるものは、冷たくても「甘さ」を感じるように、
沢山の砂糖を使用しています。

これは子供の成長にとっては余分なもの。
糖質が消化しきれなければ、それは脂肪になって
肥満の原因になりますし、何より虫歯の原因にも
なります。

それだけではありません。炭酸飲料の中には
リン酸が含まれていて、リン酸はカルシウムと
結合することによって、尿と一緒に体の外に
カルシウムを排出してしまいます。
つまり、子供の成長に必要なカルシウムを
奪ってしまい、ひいては骨粗鬆症の原因にも
なってしまうのです。

一方、糖分や甘味料が一切含まれていない
炭酸水の場合は、飲みすぎなければ
子供の成長に影響を与えるようなことは
ありません。

 

スポンサードリンク

炭酸水は何歳から飲んでいいの?


炭酸水は1歳を過ぎたあたりから飲ませても
大丈夫です。
体への顕著な影響はありません。

しかし、そうは言っても子供にとっては刺激物。
無理に飲ませる必要はなく、本人が飲みたがったら
飲ませる程度で良いでしょう。

 

子供に飲ませるならどんな炭酸水がいいの?


子供達に炭酸水を飲ませるのなら、天然炭酸水のような
添加物の含まれていないものを飲ませましょう。

炭酸の強度も弱めのものを選んだ方が無難です。
強い刺激は子供の内臓やのどでは痛みを
感じるかもしれません。
程よい刺激を感じる程度なら、微炭酸のもの
がオススメです。
また、フレーバーのついたものも味のしないプレーン
なものよりも、飲みやすいでしょう。

炭酸飲料を飲みたがる子供には果物の果汁や
レモンのハチミツ漬けなどを天然炭酸水で割ったもので
代用した方が、子供たちのすこやかな成長にとっては
よりbetterです。

 

スポンサードリンク

子供が飲んでもいい量は?


子供が飲んでいい量せいぜいコップ一杯程度。
大人がダイエット目的や胃腸改善のために飲む量
を参考にしてはいけません。

なんせ子供は成長期ですから、
炭酸水の炭酸ガスでお腹が膨らんで満腹感を感じ、
ご飯を食べられなくなった…なんてことになって
しまっては大変です。
成長に必要な栄養素を食事から摂取することが
出来なくなってしまいます

実際、我が家の息子も5歳くらいの頃から、
炭酸水に興味を持ち始めました。
大人たちがハイボールを飲んでいる横で
「シュワシュワ飲みたい」「シュワシュワ、シュワシュワ」
と騒いでいたような記憶があります。

その当時は100%のジュースに少し炭酸をいれて
シュワシュワ感をほんの2~3口、楽しませていましたが、
それでも子供の小さい胃袋ではすぐに満腹を感じてしまう
ようで、食事を全部食べられないで残してしまう、
という失敗を何度もしたことがあります。

これはいけない!ということで、慌ててハイボールは
子供の見えないところで、しかもグラスではなく、
陶器のビアグラスでシュワシュワが見えないようにして
飲むようにしたものです(笑)

また、それだけではありません。
炭酸水には二酸化炭素が入っています。
二酸化炭素が含まれているということは、少なからず水は
酸性に傾いているわけで、酸性の水を常に飲むという
ことは、歯のエナメル質を溶かしてしまう可能性がある
ということ。

飲みすぎなければ心配はありませんが、
子供の歯はまだ未発達なので、十分に注意するのに
越したことはありません。
特に、遺伝的に歯の弱い家庭の子供達は気を付ける
必要があります。

まとめ


いかがでしたか?

今回は

  • 炭酸水の体への影響
  • 子供の健康と成長への影響
  • 炭酸水を飲んでいい年齢
  • 子供が飲める炭酸水
  • 子供が飲んでいい量

についてお話しいたしました。

大人たちがこれほどまで日常的に炭酸水を
飲んでいれば、子供だって自然に興味が沸いて
飲みたくなってしまうものですよね。
しっかり正しい炭酸水の飲み方を把握して、
子供の成長に害がないような飲み方を教え
ることは、親の義務でもありますから・・・。

ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

他にも役立つ情報を用意していますので、
よろしければご覧ください。

少しでもお役に立てれば幸いです。

Kirala