炭酸水」で味覚障害の予防ができるってご存知でしたか?

炭酸水」と言っても砂糖が含まれている

炭酸飲料」ではありませんよ。

ゼロカロリーの「炭酸水」です。

今回はそんな「炭酸水」を使った味覚障害の予防方法などを

ご紹介させて頂きますね。

 

スポンサードリンク

味覚障害ってなに?

 

味覚障害って言葉を聞いたことはありますか?

味覚障害とは、味覚を感じる度合いの低下や、

味覚が全く無くなってしまう状態なんですね。

その他にも、何も食べていないのに、

口の中で苦みがしたり塩味を感じたり

何を食べても美味しく感じない状態の事を言うそうです。

美味しいものを食べるのが大好きな私にとって、

味覚障害だけはなりたくない病気かな~。

 

味覚障害の原因は?

味覚障害を起こす原因は、味覚を感じる味細胞や

味細胞から中枢に向かう神経に障害が起きていることが考えられます。

ただ、この味細胞は年齢と共に少なくなっていくので、

高齢な人ほど味細胞の数は少なく、さらにドライマウス

舌苔が多くなることで味覚障害を起こしやすくなるとも

言われているそうですよ。

その他にも唾液の分泌量が少なかったり、

亜鉛が不足していると味覚障害になりやすいそうです。

亜鉛ってよく耳にはするけど、意識して摂取したりしないですよね~。

なので気が付けば味覚障害を起こしてた!

なんて人もいるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

味覚障害の予防法は?

味覚障害の予防にはまず、食生活を整えることが大切ですね。

味覚障害を引き起こす原因のひとつに、亜鉛不足があります。

ファーストフードやコンビニ弁当などで

普段から食品添加物をたくさん摂取している場合には、

亜鉛不足に陥りやすいと言われているんですね。

そのため、意識的に亜鉛を多く含む食品を食べるように

心がけると良いでしょう。

例えばうなぎやチーズ、レバーや牡蠣などを

意識して食べるようにすると良いですね。

また、アルコールの飲み過ぎなども

亜鉛不足を招きます。

アルコールを摂取する際には、いつもより多めに

亜鉛を摂取するように心がけることも大切ですよ!

とは言っても、なかなか難しいですよね~。

私自身もお酒を飲むのは好きな方ですので、

あれこれ考えながら飲むお酒は好きじゃないです(笑)

飲む時ぐらいは好きなものを食べたくなるのが

人間の心理ですよね。

その他にも、口の中が乾燥するのを防ぐために、

うがいをするのが良いそうです。

うがいをすることで、口の中が乾燥しづらくなりますし、

口内炎などの予防にも繋がるんですね。

うがいなら思いついた時にいつでもできるので

ずぼらな私でも出来そうです(笑)

しかも、水道水ではなく炭酸水でうがいをすると

さらに味覚障害の予防に繋がるそうですよ!

ちょっぴりレモンの風味がする炭酸水ならさらにGOOD!

食前にレモン風味の炭酸水でうがいをすることで、

唾液の分泌が促進され、さらに口の中もさっぱりして、

味覚の低下や予防、さらには味覚の回復効果まであるそうですよ!

 

なぜ炭酸水が味覚障害の予防になるの?

味覚を感じる部分(味蕾)は、味細胞と呼ばれるたくさんの細胞が

集まっている所です。

この味蕾で感じた味のシグナルが、

神経を通って脳で味として理解されているんですね。

そもそも味覚障害は、この味蕾が傷ついてしまったり

唾液の分泌が低下していたり味のシグナルを通す神経が

破損していたりすることで起こります。

この味覚障害を予防するのになぜ炭酸水なのか?

謎ですよね~(笑)

実は炭酸水でうがいをすると、口腔内が清潔になります。

口腔内が清潔になることで、虫歯になりにくくなるんですね。

もちろん炭酸水に含まれている炭酸水素ナトリウム自体にも、

虫歯予防の効果があります。

まずは口腔内が健全でなければ、味覚障害を引き起こして

しまうことだってあるんですね。

さらにレモン風味の炭酸水を使ってうがいをすることで、

唾液の分泌が良くなります

唾液がたくさん出ることで、ドライマウスを回避でき、

結果的に味覚障害を予防することができるんですね。

 

スポンサードリンク

おすすめの炭酸水とやり方は?


おすすめの炭酸水は、やはり無糖の炭酸水です。

炭酸水自体はあまり美味しいものではないので、

レモン風味の炭酸水だと飲みやすいですよ~。

しかもレモンの風味が唾液の分泌を促進してくれるので、

一石二鳥でもあるんですね!

普通の炭酸水にレモン果汁を搾ったものでも良いのですが、

私的には搾るのが面倒なので(笑)

ウィルキンソンの「タンサン レモン」がおすすめです。

炭酸好きにはたまらない強炭酸!

コンビニやスーパーなど、どこにでも売っているので、

比較的入手しやすいですよ。

【まとめ買い】アサヒ ウィルキンソン タンサン レモン ペットボトル 500ml...

味覚障害の予防に炭酸水を使うなら、

食前に炭酸水でうがいをするのがベストですね。

食前にレモンの風味で口の中をさっぱりとした上で

行うと良いでしょう。

口の中に炭酸水を含んで、20~30秒ほど

うがいをしてみて下さい。

口の中がさっぱりして、引きしまった感じがしますよ~!

毎食前に行うと良いので、1日3回ぐらいを

目安に行うと良いですね。

実際に効果はあるの?

実際に炭酸水でうがいをすると、

効果があるのかどうか、気になりますよね~。

実際にうがいをしてみた人の口コミでは、

・「味覚障害で食欲が低下気味でしたが、

 食前のうがいで少しずつ食べれています

・「歯茎が引き締まるような感じがして、

 口の中がさっぱりするので良いですね

・「味覚障害だと実感してから炭酸水でうがいを始めたら、

 少しずつだけど味覚を感じるようになった気がします

など、実際に効果を感じている人もいるようです。

私も炭酸水でうがいをしてみたら、

これが結構、さっぱりして気持ちが良いんですね~!

ちょっと病みつきになりそうな感じです(笑)

スポンサードリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は

  • 味覚障害とは
  • 味覚障害の原因
  • 味覚障害の予防法
  • 炭酸水が予防になる理由
  • おすすめの炭酸水
  • 効果の口コミ

についてお話しいたしました。

炭酸水でうがいをすることが、味覚障害の予防にも

繋がるなんて、ちょっと意外でしたね。

炭酸水は喉にも良いというので、

うがいに使うのは効果的かもしれませんね。

 

ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

他にも役立つ情報を用意していますので、
よろしければご覧ください。

少しでもお役に立てれば幸いです。”

Kirala